ボディメーカーvsファイティングロード比較!

ジム用マシン比較!

ジム用マシンについて

 ボディメーカーは、自宅で使うトレーニング器具で有名ですが、実はフィットネスジムやトレーニングジムなど向けの高価なマシンもあります!※ファイティングロードには、残念ながらジム用マシンのラインナップはありません。

 下記に、ボディメーカージム用マシンをご紹介しております!

【BODYMAKER(ボディメーカー)】
<商品詳細>
商品名:4ステーションマシンLP
価格: 
\312,900
<スペック>
■サイズ:W180×D158×H210cm
■重量:555kg(プレート360kg付)
【各プレート重量】
・ラットプルダウン120kg
・レッグプレス120kg
・バタフライ70kg
・ケーブルクロス 50kg

<商品詳細>
商品名:4ステーションマシンSR
価格: \312,900
<スペック>

■サイズ:W180×D240×H210cm
■重量:528kg(プレート360kg付)
【各プレート重量】
・ラットプルダウン:120kg
・シーテッドロー:120kg
・バタフライ:70kg
・ケーブルクロス:50kg

<比較コメント>
上記商品はボディメーカーから発売されている、家庭用というよりは、ジム用に販売されている、本格的なトレーニングマシンです!もし自宅にこのようなマシンを置ける方がいらっしゃいましたら、うらやましい限りです(;_;)

4ステーションマシンSRLPは、4種類のトレーニングができるようになっておりますが、それぞれ独立したウエイトプレートがついておりますので、4人同時のトレーニングが可能です。多人数が利用するジムに向いています。

4ステーションマシンSRLPの違いですが、両マシンとも、ラットプルダウン、バタフライ、ケーブルクロスができることは同じなのですが、SRの方はシーテッドロー。LPの方はレッグプレスができます。シーテッドローの「SR」と、レッグプレスの「LP」の違いがあります。

どちらを選択するかは、使用する環境と好みによりますが、SRは胸と背中といった上半身だけに対し、LPはレッグプレスがついておりますので、脚(下半身)も鍛えることができます!

シーテッドローはラットプルダウンでもやり方によって同様の効果がだせますので、どちらか1台を置くとしたら、レッグプレスがついているLPがおすすめです!どちらもロングセラー商品ですので、品質も安心できます(^^)

ページの一番上へ>          次のページ→TOPページへ
サイトのTOPページへ

  • ダンベル比較
  • バーベル比較
  • フラットベンチ比較
  • インクラインベンチ比較
  • ベンチプレス台比較
  • パワーラック比較
  • スミスマシン比較
  • スクワットラック比較
  • チンニングスタンド比較
  • ラットマシン比較
  • 統合マシン比較1
  • 統合マシン比較2
  • ジム用マシン比較

管理人へのお問い合わせはこちら→