ボディメーカーvsファイティングロード比較!

スミスマシン比較!

スミスマシンについて

 スミスマシンというのはバーベルの軌道が垂直方向に固定されています。普通のバーベルでトレーニングを行うと、ぐらぐらしたり不安定ですが、スミスマシンは軌道が固定されていますので、安全に高重量でトレーニングをすることが可能になります。

 下記に、ボディメーカーファイティングロードスミスマシンを比較しています!

【BODYMAKER(ボディメーカー)】 スポンサードリンク

<商品詳細>
商品名:スミスマシーンSP2
価格:\189,000

<商品詳細>
商品名:スミスマシーン−TRUST
価格:
\39,800
<スペック>

■サイズ:W220×D137×H204cm
■重量:96kg
■シャフト径:28mm

<比較コメント>
ボディメーカーとファイティングロードのスミスマシンは、サイズも価格もほぼ同じで、スペックもほぼ同じです。

ただし両メーカーに1つだけ大きな違いがありまして、ボディメーカーのスミスマシンは、シャフトが50mm径のオリンピックプレート専用なのに対して、ファイティングロードのスミスマシンは、28mm径の普通のシャフトです。

自宅でトレーニングをする場合、あまりたくさんのプレートを置くスペースは確保しにくいことと、オリンピックプレートも購入するとなると、多額の費用がかかってしまうため、ダンベルに使うプレート(28mm径)をそのまま使える、ファイティングロードのスミスマシンがおすすめです!

ページの一番上へ>          次のページ→スクワットラック比較!
サイトのTOPページへ

  • ダンベル比較
  • バーベル比較
  • フラットベンチ比較
  • インクラインベンチ比較
  • ベンチプレス台比較
  • パワーラック比較
  • スミスマシン比較
  • スクワットラック比較
  • チンニングスタンド比較
  • ラットマシン比較
  • 統合マシン比較1
  • 統合マシン比較2
  • ジム用マシン比較

管理人へのお問い合わせはこちら→